サービスセンター

観光客の心得

発売日:2019-08-26 著者: ヒット:

       西渓観光文化観光地の正常な観光秩序を維持し、観光地の環境衛生とレジャー娯楽の雰囲気を維持するため、以下の観光心得を制定する。

  1、見学者は自らこの観光地の関係規定を守るべきで、観光地の従業員の管理に従うべきである。見学者は必ず入場券を持って順番に観光地内に入って、切符の根を保留して、検札を用意して、切符を持っていない人は2倍とそれ以上の罰金を取らなければならない。

  2、未成年の少年児童は学校組織や教師引率隊や保護者が所持していない者は一律に立ち入り禁止である.。年を取ってから体の弱い老人は必ず付き添い人がいなければならず,単独での入場は禁止されている.。

  3、銃、弾薬、管制刃物、可燃性爆発及びその他の危険品を観光地に搬入することを厳禁します。

  4、いかなる人も犬、猫などのペットを連れて観光地に入ることを禁止します。

  5、自転車、人力車、畜産車などは観光地に入ってはいけません。出入りを許可された車両は低速で走行し、笛を鳴らして、指定の場所に駐車してはいけない。

  6、観光地に入る時は、道や出口をふさがないように、観光秩序を守ることを自覚して、混雑してはいけません。

  7、観光地に入る時、自分の人身と財産を保護して、老人と子供の世話をしなければなりません。

  8、です。観光地の各種類の建築施設を愛護して、陳列品と草花木を愛護して、花や木を折って芝生を踏みにじることを禁止して、建物と樹木の上での描写を厳禁してください。

  9、ところかまわず痰を吐いて、吸い殻、紙屑などの雑物を捨てはいけなくて、所かまわず大小便をしてはいけません。

  10、観光地内に出店をしてはいけません。現地の同意なしに観光地内で営業写真を撮影してはいけません。

  11、見学者は自分の安全に注意して、建物の施設を登ることを禁止して、柵を越えて、塀を越えてはいけなくて、違反者の結果は自分で負担しなければならない。

  12、小中学生引導の先生は学生を教育して観光地内の環境を愛護し、活動現場の環境衛生を維持して、観光地の環境に対して汚染者に処罰を与える。

  13、観光地に入る人はこの観光地の各管理規定を厳格に守るべきで、マイクを利用して大声で騒いではいけなくて、詐欺と詐欺の大衆をだましてはいけない。

以上の心得は、自覚して守ってください。以上の規定に違反した者は情状の軽重を見て教育、罰金を批判して、公安機関に相応の責任を追及するまでです。

 

 

印刷する シャットダウン