はじめに

西渓の特色

発売日:2019-08-26 著者: ヒット:

       董永七仙女文化園は敷地面積が146ムーで、総投資が6700万元で、一期の工事が45ムーで、董永と七仙女の彫刻、董賢祠、浮廊、古い槐の木、土地堂などのスポットを完成した。国家“2A”級の観光地として成功した。現在、一期に八つの観光スポットを建設した上で、園内の遊歩道、景観橋などの各種の観光施設を組み合わせて建設して、董永と七仙女伝説の二十四の観光スポットを完備して、。董永七仙女の愛情文化を拡大する。プロジェクトは敷地面積が90ムーで、3,500万元の投資を計画している。全体の園区は今年の「ゴールデンウイーク」のごろオープンすることを決めた。

  泰山の景観大通りは全長27メートルで、重点的に宋代風の牌楼を建設して、歩行景観道路面に花崗岩石材を敷き、道路の両側に着地景観灯と古い街灯を設置して、西渓観光地にいくらの雅趣を加えた。古商業文化街は市城投会社が投資と開発建設を行い、建築面積は1643平方メートルで、総投資額は450万元で、道路の明るさの中で、新しく作られた古き古い組み合わせの要求に従い、西渓古鎮の歴史文化の特色を十分に表現した。

東台市の現代農業模範園、総投資は3億元、核心地域の総面積は2000ムーで、600ムーの人工湖「仙湖」を中心に、現代農業展示区、高効率園芸模範区と農業観光旅行区の3大リボンに分けられた。人々が農耕文化を体験し、自然と農業観光に復帰する理想的な場所である。

  西渓古城は、西渓観光地の泰山大道の東側に位置して、“古鎮を体、文化を魂とする”の基本原則によって、宋文化のテーマを強調して、西渓の古い塩鎮の歴史がにぎやかであることを再現した。古典と現代、文化と商業を一体とする宋代風商業群を構築する。西渓古城内には渓書院、三相閣、海塩文化館などの観光スポットがあります。このプロジェクトは敷地面積が45ムーで、2億2千万元の投資を計画して、2014年5月16日に開放された。

  海春塔苑は唐塔宋寺を中心に仏教文化集積区を建設し、東台仏教の歴史を十分に展示し、海春塔苑には泰山寺、仏学教育文化館、蓮花広場、慈孝文化館、広福寺、紫竹精舎などの観光スポットが建てられている。このプロジェクトは敷地面積が265ムーで、総投資額が8000万元である。2014年5月16日にオープンしました。

  西渓古鎮は旅行、生態、レジャーの三大機能を一体化した総合観光地を形成して、都市建設の新しいハイライト、歴史文化の新しいキャリヤー、レジャー娯楽の新しいスポットになりつつある。

 

印刷する シャットダウン