はじめに

発展企画

発売日:2019-08-26 著者: ヒット:

東台市委員会、市政が西渓観光文化地の建設を非常に重視している。2007年にてここの開発を始めました。2011年12月に正式に西渓観光文化地域管理委員会を創立して、組織を統一して、強い勢いで推進して、著しい効果を得た。西渓観光地の計画範囲は東から串場河、西から新204国道、南は泰東河、北は東河まで、地域面積は約16平方キロで、総人口は1.5万人である。晏渓河委員会、泰山寺委員会、万陸委員会と西郊村、三曹村の五つのコミュニティ(村)があります。西渓観光文化観光地の発展目標は:「文化で魂を鋳る、融合革新、産業拓伸」の発展理念をぴったりとし、文化伝承と生産発展の相互作用を形成することである。水景空間の造営、生態環境の向上、文化の底から掘り起こすことによって、旅行休暇、都市レジャー、文化産業を一体化した高品質な旅行先、長三角極特色の文化産業集積区を建てた。3年から5年の間、数十億級の文化産業園区を構築し、西渓観光地を省級(国家レベル)の文化産業模範基地と国家4A(なるべく5A)級の観光地を建設することを目指している。

印刷する シャットダウン