はじめに

西溪観光地の案内書

発売日:2019-08-26 著者: ヒット:

 

西溪は東台の本。漢の武帝の時鎭として設けて、晉の安帝の時は建陵県の治所所在地であり。宋の開宝元年が西溪塩倉を設け、呂夷簡・晏殊・范仲淹という三つの名相は嘗て此処に塩官として任かれた。西溪は名勝・古跡が甚だ多く、人文が精粋たり、素より物は華やかに天は宝、人は傑すぐれたり地は靈びなりという誉れがあり。

 

西溪観光地は2014年より国家4A級旅行観光地として成し遂げ、2016年2月は江蘇の十つ新たなる観光地に入選され、4月は江蘇省映像基地を建設する許可を得。華東地区の小さけれど影響力を持つ愛情文化の小町と国家級映像基地の建設を促している。

      董永七仙女文化園は漢唐風で、孝賢文化と愛情伝説と二つの主題を巡って、園の内は董孝賢祠・浮き彫り廻廊・十八里亭・古き槐の木、ネエデルランド風の茶屋・糸繰りの井・雲を摹する閣・双靴の荘・桑田草堂・鹤落つる埨うね・舎子の頭あたり・曹家大院・大き茶壺・水車・鳩の舎等の二十七つの観光地が建っておる。

西溪古城は宋の建築様式で、主な観光地は晏溪書院・三相閣・海塩広場・古き城楼等有り、文化展示・のんびり養生・旅行購い・別品飲食等の特色街に分かち、東台特有な海塩文化と「三相」文化を充分に表わし、古の西溪の塩の商売の繁栄景象を再現する。

海春軒塔は唐の貞観年間(627年)に建てられ、今迄1300年以上の歷史があり、江蘇の最古の塔であり、唐の名將尉遅敬徳が建設の監督である故に、「尉遅塔」と呼ばれ、全国の重点文化財保護機関であり。塔は煉瓦で造られ、高さは20米以上、七階で八面たり。海春軒塔と千年古刹――泰山寺と照り映えて、素斋館・蓮華広場・広福禅寺・仏教文化集中体験区等の特色観光地が形成され、塔・寺・園が融合され、一体化して、西溪の古き町の悠久たる歷史文化を濃縮、示した。

西溪映像製造業者(メイカー)センターは省の最初の映像製造業者センターであり、建築の面積は1400平方米、西溪の古城の西南に在り。青い箱・クロマキー・録音室・映画の封切りセンター・VR・喫茶店等のサービス施設があり、西溪観光地が映像産業の発展を促し、国家級映像基地の重要なるプラットホームであり。

犁木街復旧作業計劃の敷地は約100畝、建築の総面積は約22000平方米、総投資は約三億。中国の古建築之父、上海同済大学の阮儀三教授に先導され、髪繡館・塩倉監・三將軍の祠・犁木展示館・三賢の館・民国映像坊等の観光地を設計し、省の財政庁の2017年の初の省級のPPP試作計劃の一つであり。此の計劃は既に7月30日において正式に始めて、目下民宿の建設は促している。

西溪植物园の敷地は2300畝以上で、1600畝の緑地・800種以上の植物・600畝の淡海が持っておる。全国の科学普及教育基地・四星級のんびり農業と田園との旅行公園、初の江蘇省四星級田園旅行点・省の現代農業産業園・省の農業科技示範園であり。目下内国は農耕文化園、果物摘み取りの園、のんびり漁業センター・紫の藤の花の廊・淡海の浜の茶屋・全民鍛錬センター・淡海の浜の花園旅館・別品植物園・農業展覧館等であり。

印刷する シャットダウン